忍者ブログ

架起永恆鵲橋,享受纏綿美妙

素弦倚簾,蓮妝如畫,翠衾今夕夢。執伊春去秋來,芳香萬裏,撫琴歌言歡。伴隨愛之音符,穿越千年洞簫紅塵,沉醉,吟脈。迢迢銀河,鵲橋隔相望,可憐多少相思淚?數點繁星,葡萄架下綿絮語,纖雲弄巧,玉衣飄幾許?遠古祖先注入了神奇佳話,詩仙,詞家,握筆淡墨,繪就了一幅美麗的愛情畫卷。燈火闌珊,輕彈牛郎織女唯月獨古,難斷一曲永恆的愛情主題,因使天上人間共此眠優纖美容
  
  半點紅,倚寥碧桃,出笙歌舞地。輕展羅綺如蠶紙箋,飽蘸朱筆生綃墨汁,剪刻了潤洛芳名,弦語在音寂的秋晚收索,詩癡了一生的愛戀,許諾了一世的山盟誓言。佛曰:前世五百年的回眸才換得今世的擦肩而過。我與伊相遇,是巧合,亦或註定,雖多了幾許謊言,但謊言中有愛,也有傷。走過的這些日子,甚感不易,有淚水,有歡情,更多的是愛意濃厚。真誠感謝月老送予一段幸福姻緣,紅線相牽,伊中有我的蒼老,我中有伊的微笑,架起永恆鵲橋,享受纏綿美妙優纖美容
  
  冰蛾瘦盈盈,小橋東,故知情。傾心一瞬間,琴海掛輕帆,無法阻擋波瀾與悲歡,十指相扣,從容相戀。碧瑤相隨,雙燕入虞,弦綠綺,柳梢春滿眼。燈下漫 筆,演一幕霓裳羽衣,奏一曲高山流水。憑欄依窗,尋夢天涯,會心笑顏溢滿芳潔瓊體,纏綿心語尋伊而來,為伊而生,楓紅竹徑,牽手漫步,同戴日月星辰,共度 夕陽老。人亦醉優纖美容,心亦醉,醉盡千年歌詠,萬載流連。漫過時空,心魂交融,豐盈滋潤伊心的玉顏花,搖曳微風蕩漾一襲漣漪,芬芳永久蕊香,絕豔芳華繚繞璀璨。 簾低卷語歸期,泛紅蔫,濃淺黛眉。柔指纖纖,絲過隔岸楊柳,撫琴折一葉蘭舟,瀟笛瑟音,載我倆於千裏煙波世看夢裏江南。煙水茫茫,寫下格律詩行,打濕暗香盈袖,化作春女,斜臥白蓮最深處。含羞傅粉,又垂西樓,兩觀蕙雪消幾度?透絳紗窗映翠娥,咄青作袂,盡使塵銷凝久,露微泫,珠點新妝優纖美容

  
  癡不渡,今白首,鶯度柳,一縷情。水墨花魂,陌上塵煙,緣染紅箋,菩提樹下修得同床枕。來不及方酣,來不及靜吟,來不及獨豔,來不及瓊圃。篇韻歎悠繞 耳柔,半皴索句歌詠休。木魚更漏絲難斷,莫道人間四月不銷魂?雙縷繡衾香嫋嫋,古音細細似涓流。幾時任看和畫卷,夜讀錦書複焉求?道尋常,飛鶴醉舞,一朝 相逢,今生最美,於徜徉橋下青山綠水,迷離,濡沫,不懼千絲暮成雪,不怨蒹葭蒼蒼催白頭,只盼靜度春夏秋冬,舞一世傾城愛戀,眷內家安康,子孫兒滿堂,老 矣挽手望度珠江景,然無怨無悔,幸也。
PR

牽引我們走出黑暗;老師如明燈

老師如明星,牽引我們走出黑暗;老師如明燈,照亮我們前進的道路;老師如春風,引領我們揚起理想的風帆名創優品香港
 我們的語文老師就是這樣一個人,他勤勤懇懇,孜孜不倦的精神有目共睹。你看他那光溜溜的腦袋,就是因為過度操心,頭髮才過早下崗;他那微胖的臉上鑲嵌著一雙眯眯眼,就是因為過度看書,眼睛才過早近視。這些就連他那一張整天不休息的嘴巴都快要抗議了人民幣找換店
 幸虧有你,黑白的征程才跳出彩色的舞步;幸虧有你,黑色的夜空中才升起一輪圓月;幸虧有你,茫茫的大海上才不至於迷失方向。
 盡 管我們的作文水準不高,但他還是耐心地輔導。我們誰都無法否認他在作文指導師的獨樹一幟:他曾激發我們浮想聯翩,盡情地馳騁在對童年的回憶之中;他也曾慫 恿我們遙望浩瀚的星空,並為各自仰慕的星星命名;他尤其欣賞的是,當大多數人都在極力讚美燦爛輝煌的陽光時,卻有人在驅歌那幾乎暗淡無光的星星能恩
 儘管這些星星微弱得讓人難以發現,但是它們卻在廣闊的宇宙中努力放射著光芒。老師,你就如同這星星,雖微不足道,但卻默默無聞地奉獻著自己的光和熱。

その映画を見て

ヒッチコック映画の中にmask house 面膜
高所で危うく落ちそうになるシーンが出てくるものが結構ある。
そのハラハラ感が観客に与える効果を知り抜いているというところだろう。

逆に,人が必死で行なっている行動が失笑を呼び起こすことがある。
チャップリン映画などは、この効果を狙った作品が多いmask house 面膜
そういった映画の一つに『サーカス』というのがある。
これは、綱渡りなどやったことのないチャーリーが,勢いで,
綱渡りをすることになってしまう。
緊張の表情をして,何度も落ちそうになったりする。
さらに命綱も落としてしまうmask house 面膜
何とか端までたどりつけるか,というところでサーカスの檻から逃げ出したサルがあらわれ,
チャーリーに飛びついたり,ズボンを降ろしたりする。
その映画を見て、観客は涙を流さんばかりに大笑いをするというストーリー。
必死の行動が笑いの対象になったりする。

ドイツの作家・エーリッヒ・ケストナ名創優品ー(Erich Kästner) は、
皮肉っぽいウィットに富んだ表現をすることで知られている。
彼の『ふたりのロッテ』という小説の中で,
当時タブーとされた離婚を奨励するかのようだということで非難された。
それに応えて言った言葉が残っている。

「私はこの作品で,両親が離婚したため苦しんでいる子供がいることを描きたかった。
両親が離婚しないがために、苦しんでいる子供が
たくさんいることを表現したかった。」

両親が離婚しない不幸もある。

た側も別段恩義を感じな


 育てられてた側も別段恩義を感じない。時には訓練で死者も出たが、傭兵になるかならないかは強制ではなかったし、一定の稼ぎを差し出せば独立もできた。
(俺はどうなのだろう名創優品miniso?)
 アスクはふと思う。傭兵になりたかったのか、と問われれば、即座に違うと答えていただろう。
(俺の望みは、こうした謂《い》われのない貶《おとし》めを受けなくなることだ)
 アスクの怒りは決してニルド個人に向けられたものではなかったが、相手はそう受け取らない。
「何だ、その面《つら》は名創優品miniso!」
 肩を小突かれ、アスクはよろける。
「俺だって戦《いくさ》に出りゃ、てめえなんぞに負けはしないんだ!」
 ニルドは族長バルドゥルの部隊に配属されている。取り巻き連もみな同じだ。族長は〈サイガ党〉の名を高めた最大の功労者なのだが、四年前の負け戦で受けた傷の後遺症でしばしば寝込むようになった。お陰で部隊の出動回数が大幅に減った。
「証明する機会だったら、これまで何度かあったと思うけど」
 その言葉にニルドは逆上する。アスクよりひとつ年長なだけに戦場に出たのも早いが、これまで敵の操兵を仕留めたことはな名創優品minisoかった。それだけにアスクの殊勲《しゅくん》が妬《ねた》ましかったに違いない。
「——よしなさいよ!」
 女の声がニルドの振りあげた拳《こぶし》を止めさせる。
「ユリイカ?」
 彼女の顔を見るなり、アスクは心臓に大きな高鳴りを覚えた。
 ニルドはうんざりした顔で名創優品山寨
「またかよ。男同士の話に女が口を挟むな」
「喧嘩《けんか》なら放っておくわ。だけど徒党を組んでひとりを襲うなんて恥ずかしくないの」
「こいつらは見物にきているだけだ。やる時はサシに決まっているだろう」
 ニルドは里者の中でも大柄なほうだ。腕っぷしにも自信があった。
「そういうことなら……受けてもいいぞ」
 口にしたアスク自身が驚いていた。戦場帰りでいささか気が大きくなっていたのかもしれない。
「てめえ、女の前だと思って格好つけているな!」
 そうかも、とアスクは思った。確かにユリイカの視線を意識している自分がいる。
「大口叩きやがって。一度だって俺さまに勝てなかったクセに」
「一方的に痛めつけられた覚えはあるが、こっちから手を出したことがあったか?」
 いきなりニルドが殴りかかる。
 卑怯《ひきょう》な振る舞いをすると知っていただけに、アスクには不意打ちにならない。
 躱《かわ》しながら、裏拳でニルドの鼻を叩く。
「お、おお……っ!?」

今まで落とした城の中


走り寄る四、五人の胡服の男が、息を切らせて呼ぶ。
「何だ」
「チョ総管と卓都卿が、西門より逃げました」
「兵はどうしたのだ」
「百名ほど連れて行きまし懷孕營養補充品たが、残りはまだ城内に」
「あい分かった」
そのまま俺に振り返り、イ・ジャチュンが頷いた。

「これで終いです、大護軍殿。チョ総管は、自らこの
双城総管府を捨てました。恐らく元へ逃げ帰りましょう」

思うた通りか。
俺が今まで落とした城の中、最も容易い戦だった。
元の要塞の中でも最高峰、双城総管府を預かる以上
いくら素人とはいえ、もう少し気概のある男かと思ったが。

「チュンソク、トクマニ」
「は!」
「はい!!」
「チュンソクは南。トクマニは北。それぞれ隊を連れ
壁に添って建物を廻れ。残兵に降伏を呼び掛けろ。
俺は軍医殿と共に、東の正館から牢車を曳いてくる」
「は!」
「判りました!」

頷いてそれぞれの隊澳洲留學の兵を連れ、駆けだす二人を見遣った後に、
肩越しに目を流し、背後のこの方へ声を掛ける。
「軍医殿、共においで下さい」
「うん、分かった」

頷いたこの方の騎乗を確かめた後、アン・ジェの残した 馬に乗り
そこに立つ周囲の兵へ声を張る。
「縛った兵が戻れば、そのまま並ばせろ。
総管府の兵に関しては 敵味方<按揭套現は俺たちでは判じられぬ。
斬って来た者のみ迎え討て」
「は!」
「はい!!」
返る声を確認した後、横の鞍上に収まったこの方の目を見る。
「行けますか」
「うん」
頷く声を聞き、馬の腹を軽く蹴る。
篝火の光を後に、闇の中へと、俺たちの馬は駆け出した。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/09)
(01/14)
(02/20)
(04/05)
(04/21)

P R