忍者ブログ

神保修理の切腹

幕末の会津藩・怒涛の悲劇の本幕が、いよいよ切って落とされた。

将来を嘱望された若き逸材、神保修理の切腹だ。

鳥羽伏見の敗戦の責任を、一身に背負って。

修理が将軍に進言した内容は、
「いったん兵を引き、恭順の意を示してから、江戸にて善後策を練る」
だったのに対し、将軍・慶喜が取った行動は、
「兵を置き去りにして、内密のうちに、
 将軍・京都守護職・京都所司代の三名のみが、江戸へ脱出し、
 江戸にて恭順する」
という、唖然たるものだった。

その責任を負わされるというのは、
現代人には理解できないかも知れないが、
修理は、後に残る人々に、、
誰も恨まないで、日本の行く末のために全力を尽くしてくれるよう遺言し、
従容と、死に就く。

修理の自刃によって、
慶喜や容保に向かいかねなかった、兵たちの憤怒は、消える。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/09)
(01/14)
(02/20)
(04/05)
(04/21)

P R