忍者ブログ

その映画を見て

ヒッチコック映画の中にmask house 面膜
高所で危うく落ちそうになるシーンが出てくるものが結構ある。
そのハラハラ感が観客に与える効果を知り抜いているというところだろう。

逆に,人が必死で行なっている行動が失笑を呼び起こすことがある。
チャップリン映画などは、この効果を狙った作品が多いmask house 面膜
そういった映画の一つに『サーカス』というのがある。
これは、綱渡りなどやったことのないチャーリーが,勢いで,
綱渡りをすることになってしまう。
緊張の表情をして,何度も落ちそうになったりする。
さらに命綱も落としてしまうmask house 面膜
何とか端までたどりつけるか,というところでサーカスの檻から逃げ出したサルがあらわれ,
チャーリーに飛びついたり,ズボンを降ろしたりする。
その映画を見て、観客は涙を流さんばかりに大笑いをするというストーリー。
必死の行動が笑いの対象になったりする。

ドイツの作家・エーリッヒ・ケストナ名創優品ー(Erich Kästner) は、
皮肉っぽいウィットに富んだ表現をすることで知られている。
彼の『ふたりのロッテ』という小説の中で,
当時タブーとされた離婚を奨励するかのようだということで非難された。
それに応えて言った言葉が残っている。

「私はこの作品で,両親が離婚したため苦しんでいる子供がいることを描きたかった。
両親が離婚しないがために、苦しんでいる子供が
たくさんいることを表現したかった。」

両親が離婚しない不幸もある。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/09)
(01/14)
(02/20)
(04/05)
(04/21)

P R