忍者ブログ

今まで落とした城の中


走り寄る四、五人の胡服の男が、息を切らせて呼ぶ。
「何だ」
「チョ総管と卓都卿が、西門より逃げました」
「兵はどうしたのだ」
「百名ほど連れて行きまし懷孕營養補充品たが、残りはまだ城内に」
「あい分かった」
そのまま俺に振り返り、イ・ジャチュンが頷いた。

「これで終いです、大護軍殿。チョ総管は、自らこの
双城総管府を捨てました。恐らく元へ逃げ帰りましょう」

思うた通りか。
俺が今まで落とした城の中、最も容易い戦だった。
元の要塞の中でも最高峰、双城総管府を預かる以上
いくら素人とはいえ、もう少し気概のある男かと思ったが。

「チュンソク、トクマニ」
「は!」
「はい!!」
「チュンソクは南。トクマニは北。それぞれ隊を連れ
壁に添って建物を廻れ。残兵に降伏を呼び掛けろ。
俺は軍医殿と共に、東の正館から牢車を曳いてくる」
「は!」
「判りました!」

頷いてそれぞれの隊澳洲留學の兵を連れ、駆けだす二人を見遣った後に、
肩越しに目を流し、背後のこの方へ声を掛ける。
「軍医殿、共においで下さい」
「うん、分かった」

頷いたこの方の騎乗を確かめた後、アン・ジェの残した 馬に乗り
そこに立つ周囲の兵へ声を張る。
「縛った兵が戻れば、そのまま並ばせろ。
総管府の兵に関しては 敵味方<按揭套現は俺たちでは判じられぬ。
斬って来た者のみ迎え討て」
「は!」
「はい!!」
返る声を確認した後、横の鞍上に収まったこの方の目を見る。
「行けますか」
「うん」
頷く声を聞き、馬の腹を軽く蹴る。
篝火の光を後に、闇の中へと、俺たちの馬は駆け出した。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/09)
(01/14)
(02/20)
(04/05)
(04/21)

P R