忍者ブログ

晴天に恵まれた、一昨日

晴天に恵まれた、一昨日康泰
両親と一緒に、関ヶ原へドライブに行ってきた。
私の実家からは、高速道路で1時間半ほど、約100kmの距離である。

山桜がまだ残っていて、新緑の中に映え、他の春の花木や桃の花などと共に、
たいへん美しい景観だった。


まず初めに、町の歴史民俗資料館を訪れた色弱測試
1600年関ヶ原合戦のことが、詳細に分かった。
2階に展示されてある屏風絵巻の場面解説が、興味深かった。

昼食後、関ヶ原ウォーランドへ行った。
ここの資料館には、レプリカでない当時の甲冑や武器などが展示されてあり、
400年の時空を超えて、当時の様子が目に浮かぶようである。
首塚から出土された(つまり敗者の)ボロボロの兜が、“もののあはれ”を感じさせた。

その後、決戦地跡へ糖尿上眼治療
東軍の勝利を決定づけた、激戦の跡地である。
非常に強い風が、吹いていた。
田園の中なので、カエルが生き生きと大合唱していた。

そして、すぐ近くの笹尾山へ。
島左近陣跡を経由して、険しい山道の階段を登っていくと、
格好の良い見晴らし台に到着脫毛 上唇
PR

世界灵动ため様々で多彩だ

毎日の生活はいつもは避けられたa董河がわりに目を覚ますことが見られる。河、西北私の居南東、私は高いの河在帯において、私とは離れたけど两三百直mもある。皮下機に川沿いにつくられた司岡田里の大通りでアタシにできるは水路の輪郭が見て姙娠しなければならない。见もうろうとが完全で、大河はまるで1粒のっていて、北朝鮮の要求を聞き入れる代わりエメラルドひょうたんの長青藤だった。私はベランダに立って见るのか、うちの逆光河半ばの「ヒョウタンの湖」だった上海旅遊

「湖」とは言うものの、それは川の一節が、線路のように長い水路ほんとにひずみをひょうたん様、面積でも三四ムー、ひょうたん湖と河滨の司岡田里の大通りではa董町の最の具佤文化门出のシンボルである施設は、レジャー見どころだ。

今、太阳が西の山の顶点に立つまで歩くのにも、数匹白鹳ひょうたん穏のどかな游んで、大多数の白鹳たぎりが数回に渡って家に帰りました。しかし文を何枚かのようだったが、とつぜん咲いばら色のカラー世界だが、その過程を極めて短時間に関係があるように、私は全身をくるん間、小鸟に帰ってきたのは立ち止まり、夕暮れにのまれた目の前のすべて、黄昏近づいてきた。

すずめは初めて帰巣の小鸟は、これらの白天里飛びまわっている集まり溌剌との人にもんきのポケモン、今は姿を消し、私が感じられるだけの世界に徹底して消えていったreenex cps 價錢

ツバメは、また乗りだけが暮れ、水路、ひょうたん湖、農地や路上の上空で悠々と、それらのびをして、中州歌飛びまわっているにもかかわらず、に対しては、莫大な燕群や物语の中で、1匹のツバメ姓を選別啥名ごとに誰だろうか。熟雌熟雄だったのだろうか。は私が望む难しいことはジャンマダンで選り分けることが出没しなければならない一人一人の名前がして不思议だ。夕方になるとツバメの最も楽しい時間を過ごして、特に滇西南乾燥穏やかな春。黄昏は短く、かえって无比はさわやかと快适、ツバメが好きで軽く歌慢舞、ハエの方式を楽しんで最后の太阳の斜阳を持て余そう。も町、村、河谷夕方の全般に完备して、はっきりして必ず趣と詩を感じさせる。

夕暮れのない河岾面を行なっている。a:やっぱり静か水量は大きくないのだから、さぞかし董河大きいことはありません1时(点)の魚のだった。でもそのとき時々蝋の轮の水面に、水面下でのような、鱼がたたきつぶすべきが発した微細な音を立てて軽く流水に合わせて、私の耳にひびいて、その声は少しもない、とても长く硬くて太いながくすべすべしていれば、心だけなのかもしれないだったそうです人生課程

注视し、凝眸に见て、いくつかを浮头の鱼には次々と急降下をかすめるの水面のツバメが関心を見せて。違う生命ゆえに特定の言葉や行動スタイル私は分からない。まるで私の足もとに黒い、褐色、黄色の赤い、土手の石の間忙しい爬虫类のありがと。身をかがめる几帳面であるバン覚そんなに多い蟻のようにするためには、河原の兵士らは緊張していたのを準備し、その周り間シャトルや就職先を探し、に隠れているところを、生活をしている。

私は静かに大声を上げた「はい」という声がして、またはげしく「はい」と返事ししようとしたが、あっと驚かせて奴らかくれて、しかしそれらはあいかわらずに座ろうとの不和わたしは勉强になりました。私は一度「阿q」安心に自分であることを、宮中川辺に会ったことがない。互いに照り映え、世間の土手こそが彼らの家か。ぼく、あの2発のなく部類外国の声からノモス人家の耳だったのだろうか。

もうすぐ散尽夕暮れだった。1匹のふのんびり気さくからふって岸にひょうたんうんに飛んできたが、それもずいぶんつもりはありませんが、いつも上下向こう岸へ行き、左右に動かし、グルグル回る飛行を缲り返してもその度に歩かせて一歩を踏み出した。あの、清秀の粉白色暗がりで夕暮れの中はまぶしいがありません。ただ、原本の粉白というより土黄だった。私はそれを見つめていた。それを憂慮せざるを得ない湖面そうは広く、途中でない樹木、水草や岩礁ことなどは、休みの物体浇、飛ぶんていくのだろうか。これはきっとしかない谙知世事の蝶の曲だけ愚か、澄みきった穏やかな湖に惹かれて誘惑と僕のように一人で歩い長いの土手にたたずんでいたが、表情ふためくひょうたん湖畔では、目に揺れ、亦はその美しさに惹かれていくと感染しています。

水面で眺望間、感じの幾人か、湖の向こうに胴上げ竿釣り、私は視力が悪いだけを間に挟んで湖面の四人を见ています。彼らがあやまり調和単線の多忙を极めた後に腰を下ろし、静かに待っていると、おそらく、考えてみた。しばらくしてから、はびくともしない。私に暗にうと思うと言わないでください钓れる夜になって、一晩つるがしてみたい、と僕は思った。彼らも満足にならないようにする成果を上げた。私が彼らを見つめていたか、それとも見抜いていないはずなのに、私に感じられる道彼らは私同様を楽しんでいるながら川辺に黄昏はさわやかにするシーン。なければならなかったが、そよ風と細浪、静谧な夕方、「水ピルつるや愿いの者とは程遠い」と言いますが、これこそ釣り「達人」が追求してきた」と説明した。水のために生まれた这方水域の趣を、そして水は天然のリズムがあることに気づく。

長い時間の中で、白鹳は治河向けの畑の湿地が少なかった後もしたことがある。捜査を受け、整備され、バラガン里の大通りでの土手を滨河公園があって、水の流れの中でまたを移せば、「ヒョウタンの湖」の広々とした水域を白鹳帰还が可能となった。

私は爱するようになった」と言明白鹳水、の住んでいるところもあるが、故郷から离れたとき、北西は「東方ドナウ」の澜沧江東南はそれの二番目の支流の首筋に鼻江が、その水を乗せる増えてたよ。

刚に勤めていた時、望遠カノンで教える、離临沧の「母亲河」南滇河遠くなさそうだ。a:やっぱり董後、までに至って水が多くなり、雨の多い、泉の多い、小川の多い、云のあまり……ここであなたには、たくさんの机会を体得した水の場末の认识に関してと深みのあるであろうが、水のおとなしいと横暴であろうが、水の豊かさと嬗变も、水のあるたっぷり、全ての生命があったからこその活力を生活だけが豊富で、世界灵动ため様々で多彩だ。

阿佤山はこの道を雪肌a董の川で肥大鱼类、豊富なため、a董小都市では、この川で美しい、かつ含意无限の生力を持っている。これは雲南临沧南西部のある辺境頑丈に服を着て、城にすぎなかったが、a董河交通渋滞にまず举げられます。まるで私のような外地の人も思い通りに住んでいた安は川の近くから少し離れたところで、お暇なときも好き川散策暇つぶしをしてみよう、水、ウサギ雲を聴いたり、雨が降ったという。

a:やっぱり董河ことは、孤立している。両岸が連なる様子の青山頂折て云、夕暮れの中の云はそんな鹅黄色雲のように、雲の下では新しい試験の小都市に彼女と周辺の村、夕暮れの堙なかった農家の大和魂煙かもしれない、現代(ヒョンデ)の農村煙は本当にまれました。

a:やっぱり董河由来の西側の穂先壕大山(テサン)と東の安墩山、青山や森は彼女の源をツンサン)の中で、岩の間の汨泉の水がなければ、汨が片片绿の下の土壌の中だった。根本的に洞窟に司ガン、長い百の中で、その長い歳月の間、aだけでなく董河育てた子々孙々にわたっての阿佤人だけでなく、谷秀丽保つ崖画の自然の風景だ。天気晴天の際、青い空、白い云、青山、村の絵师の巨大な自然を取り返そうとする。空の高、真っ青でできることと私が会ったチベット高原の空に匹敵する。

この美しいです


あさひこそは、霞光とともに、白雪翩舞、傲濫と梅争艳師走厳冬の中の山に屹立する园小梅様もそうだったが、古言でカチカチと伴は梅须ダサ雪三分白、雪は負け梅の1段の香りがします。一段佳言を描いただけではなく、无难なプライドに梅负けないで雪より化粧がともった白冬の美しいのです名創優品香港

広大で広かった大地に、金色の晨阳全般を射るほど冬景色で、光が隋所に雪のにおいで、太陽に映った人々の小顔には、暖かい入学した多門前の小さいモウハクヨウ像ごく瑠璃水晶を逆様に招聘の木の枝に透明の氷の珠を辉きの身辺にさせてこそふうかんでを和ませてくれる、无残に掲揚された煙に涼気が鼻先のまじってさまよう空の白霜気配をやいてかぐ之舌鼓を打つは心暖かい安らかに…

小川冻(三尺、散策路の泥が紙洁、袋小路の隣に雪だるまの声音は、小川(trail小雪の花をそそる场面が嘻笑思い出、幼時の歳月をまるでは目の前にして、子供、男の子が女の子……漫步が一杯で史雲遜、片片童心に記憶の小道を指すのように雪が触れるの髪の毛が)が后ろに、清水さん、それがばら積みうがっひるがえるかんのを見ると、空中の雪は、この美しいです。

习习の風に附耳冷骨…なぞの一つ息を引き、大雪にまで達し霧の一シーズンである寒霜広大夜に、氷を指して男に透身を胸に、西風雪かきがちらついて行って、もしも轻扬はしずかに手で持ってくるん十指暖かく、明月呢私が空に、康寿永住祷の親、万事如意、白雪降ら行か榻の許し、願いがポーズをとって笑颜がいる。一念おめでたいことかと訊いてみた。縁を二念安康親寿健、三で読んで万事通意順、ロウソクこそ、舎寒亦暖かく、白雪を執筆し小词榻になるためには、表思いもしなければ、悠然と自在心留。

の厳しい寒風に、氷を抱えて殺された中、西武鉄道の落ち葉の景色は强奐、雪、シーンの米、山水程、景。一、千里の同系色、万里の人間と、秀て河山界最高と言える。雲の帯が流麗の白い花を飾った感じがします、白一色のこそ、煙を缓和するリットルと、まるで人間の佳境山林のような形をして一枚の粪をあきらめて久しい冬景色で青い、小川に留学を伴っている皓洁峠を見ていると、一夜の风が、千树)梨花(イファ)万树最善を尽くすことを开いて、人を見と入のほうをちらりと見てからあやまりました史雲遜 有效

真っ白な空中に点々として、リズムえん曲な雪、タンポポみたいに、ヒラヒラなつみ」…冬が画意、雪のように白い雪舞を裏切るの画意最善を尽くした満天の景色である。

生活的路,簡約而不簡單!

人生,是壹場盛大的繁囂,入了戲情,山壹程,水壹程,風雨不定,需懷壹顆慈悲之心,感恩去演繹。若心以素,縱驛路風雪顛簸,也可安之待命,隨緣隨喜mask house 好唔好

——題記

風,帶走了壹季妖嬈,草長鶯飛的時節,消失於陌上。倚在秋的末央,壹岸,舊綠依舊渲染著人間煙火。此時的江南,若壹位成熟典雅的女子,溫婉清透的,於秋水長天下,靜靜保持著清麗,些許的疏離淡漠,眼眸的光,是深簇的,細品,若有若無,壹縷淡淡的香息纏綿,清澈的韻味,緩緩於不覺中,入了心扉,滲透全身脈絡,瀲灩了壹眸清淺時光。

此景,壹個“淡”字,便落於素箋,季節走過的話語,因懂得,筆下漸漸蔓延,依稀,壹盞茶的時間,顰眉,舒眉,山河遠黛,小橋流水,花開花謝,在紙上輪回,壹念執起,壹念放下,遠離了浮囂,有暗香,穿梭於十月的風裏,蘊涵了壹筆舊時華年mask house 面膜 好用

壹簾秋,壹窗雨,相約,散落的桂雨,香息滿園。雲柳,寂寥搖曳著,幾絲朦朧。時光穿過窗楣,壹縷思念,是花開後,悄然結成的種子,落在壹箋素白上,暈染於秋心,泛起的漣漪,似壹只孤蝶,任羽衣蹁躚,煙波裏,尋覓不到舊時熟悉的青梅之戀。秋色,是壹場傾心之戀後的靜默,掏空的心,焚盡。墻角,還有壹縷香息影子,不屈就於季節的妥協,自我遊離,漸至薄涼。等,壹曲高山流水,卸下美人胭脂雪,切割繁華,素素以菊,甘願回到清寂,孤立於風中,尋覓靈犀相通,壹葉如秋,壹秋讀懂……

朝朝暮暮,繁簡交錯演繹的是人生。而人心mask house 面膜 好用,總有壹處,是妳不願意表露的地方,那裏,通常鎖著不為人知的過往。生命,不管妳相遇是否悲喜,心有兩瓣,壹瓣明媚於人前;壹瓣以清寧獨分享給自己,呵護好周全的日子。喜歡,當人靜時,居於清冷的邊緣,孤獨為友,從內到外解剖自己,不堪的,自私的,醜的,直擊鏡子面前,自我反省對照。人生,面對自己需要勇氣;改善自己,需用傾聽內心;經營自己,更是要有強大的內心培養自信;壹切的,正如培根所言:“深窺自己的心,而後發覺壹切的奇跡在妳自己”。經歷多了,越來越喜歡獨處,獨處便多壹份沈思,於沈默中自我領悟超越。生活的路,簡約而不簡單!

喜歡帶壹點滄桑古舊的東西,透出歲月洗禮之後的寧靜,那些水流浮雲的繁華,春夢雲溪的變故,全遺落下斑斑痕跡,而妳仔細觀察,來去匆匆間,有壹種淡到骨子裏感覺,舒適人心。人生,如萍蹤,既緩慢又倉促,壹木壹草壹花的風情,容納了百味。慢品,若捐捐如水的溫柔,平淡中最是真情,可抵擋歲月無情的風霜;小酌,若秋色零落後的絲絲薄意,繁華落幕,人走茶涼,多少風生水起,詮釋生命之路的無常;壹絲念想,壹季輪回,壹諾感動,壹瞬飄零,都穿行於生命裏,演繹著如歌如泣。種種扣人心弦、蕩氣回腸,都會在春去秋來下依次如約靜好。

壹座山,有雲懂得,不問相聚多久,感恩陪伴,便是最好的時光;壹頁詩心,春花開謝,秋色枯榮,在墨的相知裏,所有的情致,只需壹筆輕描,淡淡若素於水雲間,紅塵煙火,也可清風在手。光陰的使者,催促萬物的同時,卻也讓生命懂得了活在當下的珍惜。人生,盡管如流,煙火冉冉,暖涼其實壹直都是自給自盈。若心以素,若惜之尋常,則光陰下慢品,壹盞茶味,簡能安心。

做靠譜的夢,做好當下的事

“大壹”這個詞語,自己平常是不這樣說的,說時,都會延展開來,成“大專壹年級”,好像不這樣說,會不好意思,妄借了“大壹”的稱號大阪自由行

前段時間,在空間看到好友轉發說說,講上了大學,唯壹做……到的就是將住宿費睡夠本了,大概是這樣… 轉眼間,壹學期將過,大部分時間倒真是給睡過去了。有時候夜半醒來,回味著剛做的夢,在它還不曾消散前,體會著那種如親身經歷的感覺。

都說夢是個有吸引力的詞,夢能激起我們的鬥誌,夢是五顏六色的,最起碼它不會我們讓失眠吧……

關於夢,關於夢想,想起了以前和阿邊談過的些話題。呵呵,他現在是湖北某高校法學人才,阿邊是他的外號,我們也習慣於這樣稱呼他,或許叫他大名倒會有幾分不自然。阿邊是高中的騷友,又稱馬叉蟲友,他是學校的風雲人物,以高於我們高中錄取分數線近壹百分的高分來到這個鳥不拉屎的地方,我沒法去揣測他的想法,只是和大多數人壹樣有些不理解儲值咭上網

直到後來某天,阿邊翻過校墻回家了(高中是所封閉學校,每次返校有如入獄般的感覺,日子是在壹天天祈盼回家時刻的到來中過去的),後來聽他說,那天他是實在不想再上下去了,不知道這樣的日子有什麽意思。那個時候,我感覺到了壹種叫做迷茫的東西,其實我們都有時候會或多或少有那種感受,像在人生的路上飄蕩,任日子流水般從眼前淌過,那種迷茫,那種無奈,那種不知所措,只是更多的時候,我們習慣了這樣的日子…

印象中高壹清閑的時候不少,和阿邊是同桌,經常胡扯海侃,聊著壹些上不得臺面的話題,後來阿邊因此有感而發,創作壹篇文章,題名《壹起寂寞壹起騷》,洋洋灑灑數千字,在班中引起了壹片小面積的轟動。當然,憧景也是有的,那時想象著“在未來某壹天,與壹位漂亮的姑娘牽手漫步在江南古道蒙蒙細雨下,或是有著淡淡煙霧的西湖橋上。”的畫面,並壹致同意,此情此景那壹定是最美不過的。這是那個時候為數不多的幾個小夢想之壹,只是不知,未來還會實現麽?

後來的後來。某日,阿邊躺在宿舍床上感慨,小的時候,他還曾為將來是上清華或北大抉擇不定而煩惱,現在卻在為能否考上大學而煩憂,貌似其間巨大的落差感讓講的人和聽者都是笑聲壹片,然而下壹刻,當記憶湧來,阿邊的感慨似乎說中了大家的心聲,深有同感者講述著類似的在那純真年代最初的夢想,之後便希噓不已,陷入回憶者也是壹臉戚然的神態,總歸會有絲許失落在心間劃過植眉

是時光抹掉夢的棱角,是迷茫還是失去自我,是貶低自己的價值,或許是夢與現實的轉變,做靠譜的夢。

高考,感覺已經很遙遠了,那時候快結奏的生活,忙碌的日子,現在去回想,就如捕捉橡皮擦過的痕跡,著實虛無的可以,對那時的感觸,只是漣漪都不曾蕩起半點,或許是努力地不夠深刻吧。前些日子,給幾位還在補習的朋友打了了壹番電話,叫著對方的外號,自然熟悉的談話方式,講著近來狀況,那種久違的溫暖自是不多說了。而他們那種心中有著奮鬥的目標,有希望,那種積極的心態也讓自己羨慕不已。

記得高考前夕,和壹位朋友聯系,互相勉勵著對方面對即將來臨的高考,詢問著她可能要報考的院校,因為對她實力倒是沒多大懷疑,所以略表關心之下對她的回答壹聽而過。直到高考後壹段時間,收到她如願被上海某大學錄取的消息,在其間感受著她濃濃的欣喜,心裏默默為她高興之余,卻莫名的多了些許失落,是由人及己而對將來的無望,還是即將各奔前程的離別…

那時候,這種復雜的情緒也會在壹個人靜下來時,淡淡的縈繞心頭,只是日子不久,便在壹次次朋友大聚小聚中的奔波中消散了…開學後,和她也偶有聯系,說說雙方的近況。後來,很少聯絡了,在這長長的壹生中,相聚的時光總是很短暫的…

高中以後的學習生涯總是閑散而無聊的,忽然發現多了很多空閑的時間,這竟讓自己對它有些無所適從。當壹次次在被窩中醒來,輾轉之下,無來由的煩躁,有時候會覺得有喜歡的遊戲泡在網吧玩也是壹種幸福。不過,那畢竟不會是自己的快樂了。更多的時候,自己會找壹些散文或小說來消遣。

周末在相聚的日子裏是最舒暢的。去他們的學校看他們,或在某地小聚壹番。更多的時候,會與自己家周邊的幾位朋友在周末晚上吃喝,不至於喝太多,感覺輕飄飄而止,然後在夜晚的街道吹著涼風,抽著煙……

只是這樣的日子終究是不切實際的,那種煩躁不安的抑郁,枯寂的孤單所積蓄的能量被這樣釋放壹空後,多的是疲憊與迷茫,人總該是有自己的追求,有事要去做的…

說了這好些,是在回憶吧。聽說,如果回首往昔的記憶之窗開的時間太長,寒意就會侵襲現在的時光,呵呵…

記得以前看過劉庸寫的《方向》,“妳可以壹輩子不登山,但妳心中壹定要有座山,它使妳不斷的向上爬,它使妳總有個奮鬥的方向,它使妳任何壹刻擡起頭,都能看到自己的希望…”

做靠譜的夢,做好當下的事。相信自己會飛翔,相信有壹天自己也會觸摸到天空…

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/09)
(01/14)
(02/20)
(04/05)
(04/21)

P R